内覧客を迎えるときのポイント



自分の家を売りに出すと、内覧客を迎える事になります。 内覧時の第一印象は購入意欲に大きく影響します。

ポイント1:相場を知る

家を高く売るためにはもちろん家を売るための知識が必要になりますが、 さすがに自分一人では限界があります。 そこで複数不動産業者各社に査定額を出してもらいましょう。 出来るだけ多くの業者に見てもらう事をお勧めします。

一社のみの査定ですと、高いのか安いのか相場が分からなくなってしまいます。 経験上ですが、複数社に査定を依頼する事で、おおまかな相場が分かってくるのと同時に、 極端に高い査定額を出してくる業者も出てきます。 高い査定額を見るとどうしてもそっちになびいてしまいますが、注意が必要です。


ポイント2:清潔感を出して生活感を出さない

購入希望者が家を内覧に来た時のポイントを紹介します。 家を売ることが決まってからでないと引越が出来ないという人が大半ではないでしょうか 一般的には空室状態の方がポイントは高いと言われています。

しかし綺麗にしていれば 入居状態の方が様々な工夫が出来て、家を高く売る事が出来る可能性が高まります。入居状態ですと、部屋に家具等がおいてあるため、見学者が購入後のイメージをしやすいというメリットがあります。 当然ながら、部屋が汚かったら評価はマイナスです。

重要なのは見学者の第一印象です。少しでも家を高く買ってもらうための努力は惜しんではいけません。 一番重要なポイントは清潔感を出す事と生活感をなるべくださない事です。


ポイント3:あなたの印象

最後に大事なポイントです。 売り手となるあなたの印象も購入希望者にとっては決めてになります。 せっかく今までにあげたポイントを守っていても、売り手の印象が悪いと購入意欲はガクッと下がってしまいます。 あなたがお店で何か買い物をするときに店員の態度が悪いと買う気が無くなるでしょう。それと同じなのです。

買い手に媚びる必要はありません。ただし清潔感のある服装で笑顔で対応することが購入希望者に良い印象を与えることは 間違いありません。家を少しでも高く売るためにはほんの少しの手間暇をかけるだけでいいのです。



★ 家を売って損をしたくない方
★ 家を売った後余剰資金に余裕が欲しい方

あなたの家を高く売りたいなら、これらのサイトがおすすめです!


【人気1位】
利用者数360万人突破「smoola(スモーラ)」全国対応 

smoola_02

土地・戸建・マンションの売却に特化した国内最大級の登録店舗数!

≫たった60秒の入力!後は高く買ってくれる会社からの連絡をまつだけ!
≫マンション売却をお考えの方はこちら!

【人気2位】
900社以上の会社が参画 不動産売却の専門サイト「イエウール」 

home

住友不動産販売、Century21、阪神住販、ライフランド、Favor Net、アフターホームと大手が揃ってます。

≫たった60秒の入力!後は高く買ってくれる会社からの連絡をまつだけ!

【人気3位】
≫60秒の入力で結果がわかる!「CMでおなじみ」大手が運営のHOME'S(ホームズ)

o-uccino

利用者が420万人突破(2017年1月現在)、全国の優良不動産会社1300社以上が参加している安心のサービスです。大手監修のサービスだから登録してる不動産会社も「とても親身になって相談に乗ってくれます!」

≫査定額で100万もの差が出ることも珍しくない!これであなたの家も高く売る!

【人気4位】
NTTデータが運営する国内最大級の不動産一括査定サイト「HOME4U」 

home4u

さらに東京、神奈川、埼玉、千葉の方なら訪問査定するだけで最大15,000円分のギフトカードが♪

≫NTTデータだから信頼度はピカイチ!家を高く売って余剰資金を手に入れよう。

【人気5位】
優良6社の見積もり比較 不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

yeay

利用者が150万人突破、大手だけでなく地域密着の1000社が登録。

≫査定額で1,000万もの差が出た実績あり!






【広告コラム】
1昔の暮らしから見えてくるもの久しぶりに田舎に帰った。私の実家は築一○○年以上の古い農家造りの家で、修理しながら住み続けている。私の兄弟は、私を除いて首都圏に住んで、狭いながらもそれぞれがマイホームを持っているが、生まれ育った田舎の古い農家造りに愛着を持ち、勝手な言い分だが、このまま建て替えないで欲しいと願っている。実家を守るということは大変なことだと思う。勝手な言い分と言ったのは、夏にしか帰省することのない兄弟達は、冬の寒さなど忘れてしまって郷愁のみで言っているからである。天井が高く、大きな部屋の間仕切りが板戸や(すきま) 襖(ふすま) で仕切られ、隙間風の入る中での暖房は、エネルギーの消費量の割には効果は期待できない。いろり今から五○年前は、囲炉裏と炭を入れた「あんか」で暖をとっていたが、長い歴史の中でたった五○年の間に、電気を始めとして石油、ガスと湯水のごとく使える時代になってしまった。この間に二度の石油ショックを経験したが、今となっては遠い過去のものとなってしまった。僅か五○年のできごとを振り返る余裕もなくなってしまったのだろうか。経済の成長によって便利になり、生活が向上することを否定するものではない。誰(だれ) しもが願っていることだから。2今の暮らしに欠けているもの昔の農家の子供達には、それぞれに役割分担があった。日常的なものでは、風呂の水汲(く) み、風たぞう色ん呂焚きや雑巾がけなどが中心だが、ほとんどの農家では家畜を労働力として飼っていたので、餌(えさ) やりも子供が担っていたように思う。また、春秋の農繁期には小中学校では、一週間近くの休みがあった。子供の多い農家から、子供の少ない農家への手伝いが自然にできていた。私には兄弟が多かったので、隣の家の手伝いがほとんどであったように記憶している。今の子供達にとって正月にお年玉として、一万円ぐらいは当たり前となっているが、朝早くから夕方遅くまで働いて、現在の価値に換算すると千円ぐらいでなかったかと思う。よその家の手伝いは、お金が(うれ) 貰(もら) えるので働くのが嬉しかったが、自分の家の手伝いは僅かな小遣い程度しか貰えなかった。よその家の手伝いをする者と、自分の家の手伝いをする者との間に差はあったが、当時の子供達は家の手伝いをした兄弟に欲しいものを買ってあげたりすることで、自然とその不公平感をなくしていたように思う。